r-1乳酸菌 効果 - R-1乳酸菌

2013年10月28日

r-1乳酸菌 効果

r-1乳酸菌 効果は、明らかです。
よくある、「食べてみたらなんかイイ感じで〜す」ってのとは段違い。

r-1乳酸菌というのは、ラクトバチルス・ブルガリクスが正式名称で、
それが作り出す酸性の多糖体には、マクロファージやNK(ナチュラルキラー細胞)細胞を活性化させるIFN-γ(インターフェロン-ガンマ)の産生を促す作用があることが分かっている。


つまり、わかりやすく言えばR-1乳酸菌が作り出す成分によって、
バイキン軍団をやっつけてくれる私たちの身体を守ってくれる免疫部隊を増やしてくれるということです。


R-1乳酸菌の入ったヨーグルトを食べているだけで、風邪やインフルエンザなどの病気から
鉄壁の防御を取れるなんて素晴らしい!
しかも、乳酸菌の効果はもともとお通じを良くしたり、お肌の調子を良くしてくれたりと
いいことづくめです。


ただし、デメリットもあります。
それは乳酸菌は生き物であり、食べ物として取り入れている以上、ある程度時間がたてば、
排泄されるということです。
つまり、効果を持続させるためには毎日続けて食べ続けなければ意味がないのです。

ラベル:R-1乳酸菌 効果
posted by r1nyuusankin1 at 12:00| r-1乳酸菌 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。